確定申告に選ぶべきは白色申告?それとも青色申告?

確定申告に選ぶべきは白色申告?それとも青色申告?

選べる二種類の申告方法

ご自身で事業を営んでおり事業所得を得ている方は、年度末に確定申告をする必要があるのですが、その際、青色申告と白色申告という二種類の申告方法があります。今回はその二種類の違いや、それぞれの特色等をご説明いたします。

白色申告とは?その特徴とメリット

白色申告は特に届け出が必要ないため、全ての自営業者にとってデフォルトの申告方法という形になります。白色申告をするためには、確定申告書Bと収支内訳書という書類を用意する事になるのですが、収支内訳書はさほど記入が難しいわけではないため、あまり記帳に慣れていない方は、白色申告を選ぶ事で確定申告における余計な手間を省くことができるでしょう。

青色申告のメリットとデメリット

青色申告は、管轄税務署に青色申告承認申請書を提出する事によって選択できる申告方法となります。この時点で白色申告に比べると手間がかかるのですが、青色申告にした際のメリットは計り知れません。まず、青色申告を複式簿記で行うことにより、最大で65万円の控除を受ける事ができ、また赤字を繰り越せたり、専従者(家族従業員等)の給与を計上できたりと、税制面で非常に優遇されています。その分、複式簿記という少々難解な記帳方法を要求されていますので、多少勉強する必要はあるでしょう。

結局どちらを選べばいいの?

記帳や申告にあまり手間をかけたくない方は白色申告、そうでない方は青色申告と言いたいところですが、昨今は非常に優秀な会計ソフトがリリースされているため、青色申告の手間もあまりかからないようになってきています。その上で税制面の優遇は大きいので、相当な理由がなければ青色申告を選んだ方が得策と言えるでしょう。

確定申告をする際、白色ではなく青色の申込書で提出すると特別控除を受け取ることができるのはご存知でしょうか。白色申告より手間はかかりますが、青色申告は節税効果に長けており出費を抑えることができます。