社員研修の成功は講師選びにかかっている!

社員研修の成功は講師選びにかかっている!

「誰に学ぶか?」が成功のカギ

企業の社員研修では講師の存在が欠かせません。特に新入社員に対する社員研修は、ビジネスマナーや業務におけるスキルや知識など働く上で必要な内容を学びますが、同じ内容の研修を行っても講師によって社員のモチベーションに差が出るケースがあります。企業にとって人材を育成しなければならない時に講師の選び方を間違えると離職する危険もあるため、講師は慎重に選ぶ必要があります。

モチベーションを高めるために!

社員研修は社員のモチベーションを高める必要があります。そのためには、社員研修の目的を明確にして社員に主体性を持って受講してもらうのが大切です。しかし、全ての社員が主体性を持っているとは限りません。研修の早い段階から主体的に取り組んでもらうためには講師の力が重要になります。

社員研修の内容を正確に伝えながらも、社員の感情を揺さぶりモチベーションを高めていく講師であれば、問題を見出し社員の強みを引き出してくれます。

研修の目的に合わせて講師を選ぶ

社員研修は、一般的なビジネスマナーから会社の方向性、専門的なスキルまで幅広い研修があり、新入社員に対する研修と管理者に対する研修では自ずと目的が異なります。感情を揺さぶりモチベーションを高める講師だけでなく、広い視野を持つコンサルタイプの講師や職場における実践的なマニュアルに強い講師など、研修の目的で講師を選ぶ基準が違ってきます。

優秀な人材を流出させないためにも、社員研修の目的に合った講師を選ぶことが社員研修を成功させるカギとなります。

社員研修は、自分から気持ちを入れていく人ほど効果を実感出来ます。大人が受けている研修ほど、素直さ、柔軟さが大事です。自分の価値観で固まった人もいますが、考え方を少し変えて時間を有効に使いましょう。