自営業のはじめかたや覚えておくことがある知識に関して

自営業のはじめかたや覚えておくことがある知識に関して

自営業の定義とは何か

自営業者とは定義があいまいな部分もあるものの、基本的には会社組織ではない「個人事業主」という語句と同義語になります。ただし、一応社員一人の会社組織にしている場合や家族だけが働く会社を運営している人たちも自営業者を自称している場合もあり、それらの人達が含まれる場合もあります。

自営業の開業の仕方について

自営業者とは前述通り、個人事業主を意味します。そのため、会社組織として起業するのでなければ税務署に開業届を提出するだけで基本的にOKです。ただし、それとは別に売り上げが発生すれば自分で納税の義務も発生するため、初年度から青色申告を選択する場合は開業から2か月以内に青色申告の申請をする必要があります。逆に白色申告であれば事前申請の必要はないので、次の年の初めて確定申告に向けて専門用語や申請手順を勉強し始めるだけで大丈夫です。

確定申告のことを覚えることの重要性について

自営業を始めるまで長く会社員・公務員をしていた人の中には、確定申告の事をほとんど知らないまま開業してしまう人も多くいます。そして、その場合は多くの開業者が初年度に確定申告のすべてを覚えることに苦労する傾向にあります。しかし、覚えることにギブアップして数年放置し続けていると税務署員がある日突然やって来て、開業から最新年度までの税金を遡ってすべて支払うことになります。さらに追徴課税で支払う税金が上乗せされてしまいますので、どんなに難しくても覚える作業をギブアップすることは許されません。なお、初年度にどうしてもわからない場合は税理士さんにすべてお任せするのがおすすめです。

フランチャイズとは本部と加盟者が契約を結ぶことにより本部の商品や営業方法、サービスなどのノウハウを指導されたりすることをいいます。一例としてコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどがあげられます。