必ず成功させよう!効果のある社員研修開催の秘訣

必ず成功させよう!効果のある社員研修開催の秘訣

目的をしっかりと設定しよう

社員研修を成功させるには、最初に目的や目標を明確に設定することが大切です。社員研修といっても、「新人社員研修」や「中堅社員研修」、「合宿研修」などシチュエーションは様々です。研修者のターゲットを明確に把握し、それに適した課題を設定することが重要となります。何についての研修を行うのか、主催者が明確に示すことで、参加者にも意欲が伝わり、社員研修の効果を高めることが可能です。なお、この研修を受けると最終的にどんなスキルが身につくのかを明確に示すことも必要です。

主催者を上手に選定する

社員研修を開く際には、自社の社員が講師になるか、外部講師を招くかの選択があります。もし、社内のシステムなどについて研修を開くのであれば、自社の社員が講師になれば良いでしょう。しかし、ビジネスマナーや、営業成績をあげるなど啓発的な目的の研修である場合は、外部講師を招くのがオススメです。外部講師はスピーチ力もありますし、話の内容が具体的で説得力があり、社員をやる気にする気持ちを高めてくれます。

準備は念入りに行おう!

研修を行うには、事前準備も念入りに行うようにしましょう。一度に大人数が集まりますので、大きな会議室を予約することが多いでしょう。会議室が大きくなると、講師が説明するのにプロジェクターなどを利用することが多いですので、プロジェクターやスクリーン、マイクとスピーカーなどの準備もしておきましょう。なお、外部講師を招く際には控え室などを用意しておくのが一般的です。外部講師に気持ちよくスピーチしてもらうためにも、当日には専属の付き人をつけておくと良いでしょう。

管理職研修は部長、課長といった管理職に就任する際に管理職の心構えや注意事項を学ぶために受講する研修のことをいいます。