子供も親も安心して遊べる場所というのはあるのだろうか

子供も親も安心して遊べる場所というのはあるのだろうか

今と昔の子供の遊び場事情

今の時代は、昔に比べると安心して外で遊べる場所というのは少なくなってしまいました。遊ぶ場所自体が少なくなってしまっているのももちろんですが、公園などに置いてある遊具が危ないという理由で撤去されてしまうケースが多くなり、何も遊具のない公園もできてしまうほどです。また、公園によってはボール遊びができない所もあったりするので子供達は外で何の遊びをすればいいのでしょうか。そんな子供達の遊び場として注目されているのが室内遊び場です。有料の場所と無料の場所がありますが、室内の遊び場の場合は保護者が同伴の場合やスタッフが何人も見てくれているような場所もありますので基本的には安心して子供を遊ばせられる場所になっています。ゴミなども落ちていないですし、室内という事で砂や砂利などではない分服が汚れる心配もありません。遊び場では飲食などが禁止の場所も多いので、安心安全で汚れないとても綺麗な施設になっているのです。

室内遊び場の上手な使い方

室内遊び場はそれぞれ対象年齢別に遊ぶスペースが分かれてはいますが完全に分かれているわけではありませんので、たまに小さい子の遊んでいる場所に大きな子が飛び込んできて危ないという時もあります。そのあたりは保護者や見ているスタッフの人の判断で別の場所で遊ばすようにしたりもできますので基本的には安全です。また室内という事で雨の日でも濡れずに遊べますし、夏の暑い時期などは室内遊び場はとても人気です。近年の温暖化の影響で、毎日のように光化学スモッグ注意報が出されてしまい外で遊べない時などは室内遊び場に人が集まり混雑します。

赤ちゃんや幼児のおもちゃのひとつに、室内遊具があります。比較的柔らかく造られており、安全面が第一に考慮されています。