ストレスチェックも社員教育の1つ!その目的と活用術

ストレスチェックも社員教育の1つ!その目的と活用術

ストレスチェックの目的は未然に防ぐこと

ストレスチェックの目的は精神面の不調を見つけることと考えている人もいるでしょう。しかし、それはストレスチェックの狙いではありません。本来の目的は精神面の健康状態が悪化してしまうことを未然に防ぐという部分にあります。社員の中にはストレスチェックの結果が悪ければ昇進に影響するのではないかという不安を持っている人もいるかもしれません。その不安を解消することでストレスチェックの目的を果たしやすくなるでしょう。

ストレスチェックの重要性を社員に伝えておこう

ストレスチェックの効果を活かすためには正確な診断が必要になります。そのためにストレスチェックを行うことの重要性を社員に伝えておくという行動が欠かせません。ストレスチェックに関する正しい認識を持ってもらうことでメンタルヘルスの不調を未然に防ぎやすくなります。ストレスチェックの重要性と合わせてメンタルヘルスケアの説明も行っておきましょう。メンタルヘルスケアの説明を行っておくことで、ストレスチェックで見つかった精神面の不調を持った社員に対してスムーズなケアが行えるようになります。

メンタルヘルスの健康維持も大切

ストレスチェックを行った社員の中には精神面の健康状態が悪化しそうな人もいるかもしれません。メンタルヘルスケアはそのような人の予防も担ってくれます。ストレスチェックを行う際には精神的な負担が大きい人に注目しておくことが重要です。例えば管理職に就いている人へのストレスチェックとメンタルヘルスケアは良い効果を生み出す可能性が高いでしょう。管理職の人が抱える精神面の負担をメンタルヘルスで軽減してあげることで、仕事の効率がアップするかもしれません。

若手や中堅スタッフ向けに社員教育を行うときには、営業力を高めることが大きなテーマです。電話応対や接客の実務について学ぶことが、スキルを向上させるための最善の方法です。