副業をしているサラリーマン、OLは確定申告のことを知る必要あり

副業をしているサラリーマン、OLは確定申告のことを知る必要あり

副業所得が年間20万円を超えると申告が必要に

確定申告とは、基本的に会社員や公務員とはあまり縁がないもののようなところが昔はだいぶありました。しかし、インターネットの発達などにより副業の種類が一気に増え、その中には家で夜に出来る仕事も多いため、近年、公務員は別として副業で稼いでいる会社員が増加中です。そして、今までの習慣で会社員の自分には確定申告は無縁と思っている人も多いかもしれませんが、副業をしている会社員は必ず確定申告のことを知る必然性が出てきています。なぜなら、会社員でも給与所得以外の所得が年間20万円を超える場合は、各自で確定申告をする必要があるからです。月2万円の副収入があるだけでも年間20万円を超えてしまいますので、副業を始める際は、1年目から20万円を超えてしまうケースに備え、確定申告の事も併せて学び始めることをおすすめします。

用語を覚えれば白色申告は簡単

確定申告というものは、特に白色申告であれば作業の手順自体は単純で、そんなに難しいことはあまりありません。しかし、無知な人がまずつまずくのがたくさんの難しい専門用語です。しかし、用語さえ覚えてしまえばあとは簡単ですので、それを頭に入れて用語勉強に励むしかありません。ただし、初年度だけは覚えきれない場合は税理士さんにお願いするという手もあります。

放置しておくとどうなるか

国は国民の資産状況を把握していますので、多額の副収入を得ているのに面倒だからと、用語を覚える作業や申告自体を放棄していると本当に税務署が自宅に来てしまう可能性があります。そして、そうなると追徴課税が発生してしまい得なことは何もありませんので、やはりどんなに用語が難しくても根気強く用語をマスターして毎年の申告を必ず行う必要があります。

白色申告は確定申告の種類です。白色だと略式簿記での記入で構わないので、かんたんに書類の作成ができます。