作成したウェブサイトは日本だけで公開されるわけではない

作成したウェブサイトは日本だけで公開されるわけではない

英語をわからない人が英語で文章を書く場合の注意点

インターネットで公開しているページというのは日本国内だけで公開されるわけではなく、全世界に対して公開される形になります。そして、あらゆる国の人がそのページを見る可能性があります。そのため、英語のことをあまり知らない人がページ内で英文を作成する場合はある程度の注意も必要です。具体的には、日本ではまったく悪い意味はなくても、特定の単語や熟語が世界のある地域からすると何らかの悪い意味合いがあったり差別的な意味合いで合ったりする可能性もあります。そのため、英文を書いたらそのページをコピー&ペーストしてサーチエンジンにキーワードとして入力して検索し、もしネガティブなページばかりがみつかるような場合は、表現を改めることも必要になります。一番良いのは自分が100%理解できてはいない言語は使わず、日本以外で日本語を使う国はないので、可能な限り日本語だけで文章を作るという形です。

翻訳ソフトを意識する

昔は外国語で書かれたページを、その言語を使わない国の人が理解するのは難しい部分がありました。しかし、ブラウザのページ翻訳機能が標準化したことにより、どんなマイナーな言語で書かれたページでも、世界中の人がある程度は内容を簡単に理解できるようになりました。しかし、例えば日本語を英語に翻訳する場合、翻訳機能は「和製英語」と呼ばれるものを翻訳することができません。そのため、英語は世界共通語で使用している国の総人口が多いことを考えると、ページ内で使用している各単語に、日本でしか通用しない和製英語が含まれていないかどうかは要確認事項です。

多言語サイトは、外国人に伝えたい内容を相手の言葉で伝えるサイトです。日本の良さを伝えるために、サイトの必要性が高まっています。